【画像】約束のネバーランドの表紙を一覧で並べてみた!第1巻から第20巻まで【漫画】

約束のネバーランド 表紙

約束のネバーランドは何巻まで出た?
全20巻で完結しました!
原作者 白井カイウ・出水ぽすか
連載雑誌 週刊少年ジャンプ
連載期間 2016年35号〜2020年28号
総巻数・話数 全20巻・全181話
累計発行部数 3200万部以上

約束のネバーランドの表紙を並べてみた!

※以下、漫画 第1巻〜第20巻まで。

2016年12月2日に第1巻が発売!

2016/12/02
約束のネバーランド 第1巻


約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第1巻あらすじ】
母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?
引用元:コミックシーモア
2017/02/02
約束のネバーランド 第2巻


約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第2巻あらすじ】
GFハウスから「全員」で逃げ出す為の訓練を開始したエマ達。そんな彼らに監視者・クローネの魔の手が!?更に新たな「仲間」を得た彼らを待っていたのは…。永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2017/04/04
約束のネバーランド 第3巻


約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第3巻あらすじ】
ドンとギルダの心に生じたエマ達への疑念。刻一刻と着実に迫りくるクローネ。ついに動き出すママ・イザベラ。脱獄を前にエマ達を取り巻く状況は一変し!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2017/07/04
約束のネバーランド 第4巻


約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第4巻あらすじ】
出荷を宣告されたノーマン。残された時間は、あと僅か。イザベラの策略から友を救う為、エマとレイはノーマンと共に計画を練る。3人が出した答えとは!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2017/09/04
約束のネバーランド 第5巻


約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第5巻あらすじ】
脱獄を告げる警報が鳴り響き、鬼の追手が放たれる中、僅かな手掛かりを頼りに逃走を始めたエマ達。偽りの平穏を捨て、自由を求めた彼らが目にしたのは!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2017/11/02
約束のネバーランド 第6巻


約束のネバーランド 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第6巻あらすじ】
早急な安全の確保を目指す子供達に接触した謎の少女。彼女は一体!?一方囮として皆と離れたレイを鬼の追手が完全包囲する。彼は再び仲間と会えるのか!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2018/01/04
約束のネバーランド 第7巻


約束のネバーランド 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第7巻あらすじ】
目的地・B06-32の地下で子供達を待ち構えていた謎の男――。彼の正体とは一体!?エマ達の冒険は次なる局面へと移る。「ミネルヴァ探訪編」新展開突入!!永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2018/04/04
約束のネバーランド 第8巻


約束のネバーランド 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第8巻あらすじ】
悪意に満ちた企てにより、エマとレイに数多の鬼が襲い掛かる。繰り広げられる命を懸けた戦い。地獄の様な状況下でエマが決断し、そして望んだ未来は…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2018/06/04
約束のネバーランド 第9巻


約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第9巻あらすじ】
仲間に導かれてGPの秘密の部屋へと入ったエマは、その中にある永く閉ざされていた扉の鍵を開ける。そして、明らかになったW・ミネルヴァの真意とは!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2018/08/03
約束のネバーランド 第10巻


約束のネバーランド 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第10巻あらすじ】
開始された人間達による反乱。決起したGPの子供達が一歩ずつ鬼を追い詰める。戦闘が続く中、エマは目の前の強敵・レウウィスと静かに言葉を交わし…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2018/11/02
約束のネバーランド 第11巻


約束のネバーランド 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第11巻あらすじ】
圧倒的な力で子供達の前に立ちはだかるレウウィス。窮地の中、勝利を信じ戦いに身を投じるエマ達。総力をあげた猟場(かりにわ)での決戦は、遂に最終局面を迎える!!永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2019/01/04
約束のネバーランド 第12巻


約束のネバーランド 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第12巻あらすじ】
エマ達は約束への鍵となる“七つの壁”の探索を開始!まずは残された伝承や古文書を手掛かりにクヴィティダラへと旅立つ。そこで彼女が目にしたのは…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2019/03/04
約束のネバーランド 第13巻


約束のネバーランド 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第13巻あらすじ】
追手の襲来によりエマ達のささやかな平穏は奪われた。差し延べられる救いの手は無く、迫り来る敵達。安全だったシェルターでの命を賭した戦いが始まる!!永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2019/06/04
約束のネバーランド 第14巻


約束のネバーランド 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第14巻あらすじ】
目の前で衰弱していく仲間の命を救う為、薬を求めてエマは数名で鬼が管理する農園へと向かう。リスクを冒して潜入した施設の中で彼女が目撃したのは…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2019/08/02
約束のネバーランド 第15巻


約束のネバーランド 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第15巻あらすじ】
食用児の自由の為に鬼社会崩壊を企む計画が進む中、エマは復讐を望む人間の心の闇に触れた。それに対し彼女は人も鬼も傷付かない道を模索するのだが…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2019/10/04
約束のネバーランド 第16巻


約束のネバーランド 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第16巻あらすじ】
“七つの壁”を目指し踏み込んだのは、どこまでも続く不可思議な世界。出口の見えない迷宮の中でエマ達は…!?そして、その先で彼女達が見たものとは…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2020/01/04
約束のネバーランド 第17巻


約束のネバーランド 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第17巻あらすじ】
鬼の絶滅を掲げ、女王と五摂家が集う王都に進軍を開始したノーマン。そんな彼を止めようとエマもまた王都へと向かう。だが残された時間はあと僅かで…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2020/03/04
約束のネバーランド 第18巻


約束のネバーランド 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第18巻あらすじ】
エマとレイは王家の城内でノーマンとの再会を果たす。和平と絶滅、達成を目前にした双方は進むべき道をかけ対峙する。行き着く先は決別か、それとも…!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2020/07/03
約束のネバーランド 第19巻


約束のネバーランド 19 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第19巻あらすじ】
連れ去られた仲間を救う為にエマ達は再びGFハウスへ。そんな彼女達を因縁のラートリー家が待ち受ける。子供達の未来が懸かった最終決戦が遂に始まる!!永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!!
引用元:コミックシーモア
2016/12/02
約束のネバーランド 第20巻


約束のネバーランド 20 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第20巻あらすじ】
GFハウスで宿敵・ピーターと再び対峙したエマ。しかし事態は予期せぬ方向へと進み、更に王都を起点に情勢は急変して!?彼女を待つ運命は――!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー堂々完結!!
引用元:コミックシーモア
完結

以上、約束のネバーランドの全20巻の表紙でした。

ちなみに表紙を横並びにするとこんな感じ。

約束のネバーランドはダークファンタジーの世界なので、並べると絵がとても綺麗ですね。

本当に連載、お疲れ様でした。

【漫画】約束のネバーランドの感想

良い口コミ

キャラクターが際立っています。

 

エマの運動神経の俊敏さやその能力の高さを筆頭にキャラクターの個々の能力や特徴に強みやくせがあるのがこの作品の一番の魅力であり楽しんで読み込める良さがあると思いました。個人的には10巻に登場してくるオシサンが一番好きでミステリアスな雰囲気を醸し出しているのが気になって登場するとその後の展開に期待感がわいてくるのがありました。ストーリーの展開としてはややスローな流れがたまにあるのでちょっと立ち止まる興味深さもある一方で伏線みたいなものを残すことがあまりないような印象があるので全体的な所感としては好感がもてました。

良い口コミ

孤児院の外の世界の異質性が意外

 

物語序盤では、田舎風景が広がる中、孤児院での生活を平和に過ごす子供達が描かれます。一見すると、平和な世界に見る人間ドラマのように思えましたが、展開は急に変わり、孤児院の子供達は、実は化け物の餌として育ててられていることがわかります。緩急をつけて、一気に不穏な空気感が見えるダークファンタジーに切り替わっていきます。勢いをつけてのこの転換に面白いものがありました。施設の大人達は化け物と内通する悪だと知った途端に、子供達にも緊張が走ります。無邪気な子供ふりをしたまま、大人達を出し抜いて脱走する。この心理戦のやりとりが非常に面白い作品でした。優しい顔と悪魔の一面を共に持つ孤児院のママの異質なヒロイン性は記憶に残るものでした。

良い口コミ

エマ、レイ、ノーマンがやばい。

 

約束のネバーランドが他の漫画と違うところは、最初から衝撃的なシーンが多くあり、身近な人との向き合い方が勉強できる。特に主人公のエマはまっすぐな性格をしているので、みんなで成し遂げるんだという思考がかっこいい。また、漫画やアニメで見ることはできるけど、自分の仕事や他者との付き合い方の勉強になる作品です。信じてた人に裏切られる気持ちだけでなく、裏切った相手との向き合い方や助けてくれる人の存在を大切にするので、ぜひ読んで欲しい。かなり凝った内容なので、どんどん続きが見たくなるアニメなので、少し見たら止まらないでしょう。ぜひこの文章を見た方は、約束のネバーランドを見てほしい。タイトルがなぜ「約束のネバーランド」なのかもわかるので、乞うご期待!

良い口コミ

エマが優しい

 

とにかく主役であるエマがとても仲間思いで、優しくて明るくて正義感のあるキャラクターで大好きです。監視されている場所から逃げ出すためにスノーマンなどと考えて全員を守るために行動する姿がかっこいいです。また、エマが頑張りすぎて熱をだして動けなくなったときに心配しながらも自分の体調を気にせず無理をするエマをおこる仲間たちが怒るシーンがよかったです。生まれてすぐの時からずっと一緒に生活をしているから家族みたいみんなが家族みたいな存在になっているのがほっこりします。エマたちを食べようとする鬼たちは少し怖いです。

良い口コミ

色んな意味で凄い

 

数年前に1度読んでどかんと、インパクトが残り作画、ストーリー、キャラの個性、話の展開など目の離せない一作信じてたママの、裏の顔。次々といなくなる仲間の真実を知り、脱出を決意する小さな子供達が、トラップをくぐり抜け頭脳、体力、周りを明るくする等個性豊かな子供たちのママを操る黒幕への反逆。1人ではなく、仲間で力を合わせて立ち向かう姿に大人から子供まで楽しめる作品となっており、共感・応援しながら次の展開が気になり一気読みしてしまうと思います。私は気になり一気に読み進めてしまいました。抵抗する小さきか弱い子供たちの力を合わせた結末はいかに…?

良い口コミ

ダークだけど希望がある

 

漫画は全巻持っています。主人公たちに与えられた宿命自体はどうしようもなく暗いけれど、それを打ち砕こうと、自分たちの未来を手に入れるために知恵を絞って考えて行動して…自分たちの手で未来を開こうとする所がとても好きです。私は初期の農園から脱出するところまでのママとの駆け引きが特に好きです。優しく聡明なママが実は…と本来の姿を知ってしまった時は衝撃でした。絶望しかない現実を打破しようと懸命に努力する主人公たちがかっこいいです。アニメも見ましたが、第1期はほぼ原作通りだったのでとても楽しめましたが、第2期はゴールデンポンド編が全カットされていて、重要な登場人物も全く出てこず変な方向に話がいってしまったので見るのをやめてしまいました。

良い口コミ

最初の方が個人的には面白い!

 

最初の子供たちが真相に辿り着いて、逃げ出すまでの展開がとても面白かったけれど、その後逃げ出して外に出た時の話がそれを上回らない感覚があって、わたしは最初の方のストーリーの方が好きです。イザベラがどんな人であるかがギリギリまでわからないし、それを探りながら奮闘していく子供たちのドキドキ感がすごく感じられます。ちょっとグロい描写もあって、そう言うシーンを見るとドキッとしてしまいますが、そのシーンも必要なんだなと感じられるほど伏線回収があるので読み直しても面白い作品だと感じました。現実離れしているけれど、どこか現実と重ねてしまうようなストーリー性がとても面白いです!

良い口コミ

可愛かったです

 

ヒロインエマが、ハウスのみんなと一緒に鬼ごっこをしている時、主人公のノーマンに捕まった所が、面白かったです。夜に、コニーがハウスから旅立ったその後、エマが部屋の掃除をしている時、テーブルには、コニーがずっと抱いていたぬいぐるみが置いてあるのを見つけ、ノーマンと一緒に届けて行った時、コニーが何者かに殺されてしまった所が怖かったです。エマがママに足を折られてしまった所がとても痛そうに見えました。エマ達がハウスから脱出をした時、鬼の住む町に行った時、鬼に捕まってしまった時、まさか、ノーマンが、生きていたとは衝撃的でした。

良い口コミ

アニメより断然、漫画をおすすめします!

 

この作品はアニメの1期はとてもおもしろかったのですが、2期は原作とかなり違う展開となっており、原作ファンには微妙だったのではないかと思います。大事な情報源であり、エマやレイの成長に欠かせないユウゴが登場せず、ゴールディ・ポンドのお話も丸々カットしてありました。個人的にゴールディ・ポンドのお話はとても好きだったので、とても残念でした。ノーマンとの再会も紆余曲折あり、みんなで困難を乗り越えてやっと、といった再会でしたが、アニメ版ではかなりあっさりと再会し、あれよあれよという間に全部解決でハッピーエンドという印象でした。せっかく原作がおもしろいので、これからの人には是非マンガを勧めたいです。

良い口コミ

断然コミック派!絶対コミックがお勧め。

 

絵柄からちょっと幼めな転生ものかなと思いきや、世界観やその人物像や関係性がしっかりしていて、大人や漫画でちょっと考えたいと思っている人にハマる漫画だと思います。登場人物が基本的に頭が良いという設定なので、ちょっとした会話の節々も探偵的な要素を絡めていて、読みやすいです。漫画を読んでアニメを拝見しましたが、断然コミック派です。そもそも物語がアニメでは変更されており、終わりにかけてかなり尻すぼみな印象です。何故、こんな終焉を迎えたのかは不明ですが、きちんと満足のいく話の展開を把握したいならコミックをお勧めします。

良い口コミ

前半が特にいい

 

子どもたちが世界の真実に気付き、優しい「お母さん」の目をかいくぐって脱出を果たすまでの前半が特に面白いと感じました。その後の逃亡劇はやや中だるみを感じましたが、クライマックスの「農園」での再戦には胸が熱くなりました。最初から最後までとにかく画力がすごかったので、ストーリー以上に絵に引き込まれた部分もありますし、テンポ感もよく出ていたと思います。結末には若干「それでいいのか…?」という印象を受けましたが、きちんと大団円を迎えたことには間違いないですし、最後まで読み続けても後悔しない作品だと思います。

良い口コミ

サバイバル

 

ジャンプで連載中のダークファンタジー漫画です。設定・作画ともにとてもレベルが高く、作品に引き込まれます。また緊張感のある展開が多くハラハラしながらも楽しむことができています。逃亡劇が好きな方やダークファンタジーが好きな方にはおすすめの作品です。テーマがテーマだけに、ずっとハラハラし続ける。ささやかな日常パートでも、それがいつ脅かされるかと思うので安心できない。それなのに、ちょっと興味本位で読み始めるといつの間にか最新巻の発売を待つ状態になる。脱獄、サバイバル。直面する現実が残酷ですが、苦難を乗り越えて再会する度にホッとする。絵が綺麗で見やすく話のテンポがいいから読みやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。