【画像】ハンター×ハンターの表紙を並べてみた!第1巻から第36巻まで【漫画】

ハンター×ハンター 表紙

HUNTER×HUNTERは何巻まで出た?
現在36巻まで発売中です!
(※2018年から休載中)
原作者 冨樫義博
連載雑誌 週刊少年ジャンプ
連載期間 1998年〜2018年(以降休載)
総巻数・話数 既刊36巻・380話
累計発行部数 7900万部以上

ハンター×ハンターの表紙を並べてみた!

※以下、漫画 第1巻〜第36巻まで。

1998年6月4日に第1巻が発売!

1998/06/04
HUNTER×HUNTER 第1巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 1

【第1巻あらすじ】
父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるため試験を受ける、レオリオ・クラピカ・キルアと共に、次々と難関を突破していくが…!?
引用元:コミックシーモア
1998/09/07
HUNTER×HUNTER 第2巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 2

【第2巻あらすじ】
いよいよハンター試験開始!  一次試験は、過酷なマラソンレースだ。ゴンは、レオリオ、クラピカとともに走り続ける。だが、深い霧に包まれた時、カードを操る不気味な奇術師、ヒソカに行く手を遮られた!
引用元:コミックシーモア
1998/11/09
HUNTER×HUNTER 第3巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 3

【第3巻あらすじ】
ハンター試験は、3次試験へと突入! 5人一組でトリックタワーを時間内に降りることが課題だ。ゴンたちを待ち受けていたのは、減刑を条件に試験官となった超長期刑囚。奴らの策略にタイムアップが迫る!!
引用元:コミックシーモア
1999/02/04
HUNTER×HUNTER 第4巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 4

【第4巻あらすじ】
4次試験続行中! 獲物である強敵ヒソカのプレートを手に入れたゴン。一方、ヒソカはレオリオとクラピカへ狙いを定める。いよいよハンター試験終盤戦、凄まじいヒソカの殺意に触れたゴンの足がすくむ!!
引用元:コミックシーモア
1999/05/05
HUNTER×HUNTER 第5巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 5

【第5巻あらすじ】
ついに最終試験終了! 殺し屋に友達はいらない…兄の冷酷な言葉に追いつめられ、失格となったキルア。その友を救うべくゴンは、クラピカ、レオリオと共に暗殺一族の故郷、ククルーマウンテンへと向かう!!
引用元:コミックシーモア
1999/10/04
HUNTER×HUNTER 第6巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 6

【第6巻あらすじ】
天空闘技場―それは天高くそびえたつ戦う者の聖地。ゴンの目的は、ヒソカに借りを返すための武者修行だ!50階へやって来たゴンとキルアが出会った心源流拳法の使い手・ズシ。彼が口にした「レン」とは…!?
引用元:コミックシーモア
1999/12/22
HUNTER×HUNTER 第7巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 7

【第7巻あらすじ】
念禁止令解除! 約束の2ヵ月が過ぎいよいよ本格的な修行開始だ! ゴンはヒソカの出した条件、200階クラスでの1勝を目指す。そんな中、新人狙いの闘士たちがズシを人質にゴンとキルアを脅迫してきた…!!
引用元:コミックシーモア
2000/04/04
HUNTER×HUNTER 第8巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 8

【第8巻あらすじ】
父親・ジンを見つけ出すこと、それがハンターとなったゴンの最初の仕事!! キルアと共にくじら島へ帰ってきたゴンは、ジンが預けたという箱を手に入れた。その中には、謎のアイテムが3つ入っていたが…!?
引用元:コミックシーモア
2000/07/04
HUNTER×HUNTER 第9巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 9

【第9巻あらすじ】
9月1日、地下競売場から人々が忽然と姿を消し、お宝がなくなった!? その行方をめぐり幻影旅団が残虐なる姿を現し始め、騒然となるヨークシン。一方ゴンは、幻のゲーム入手のため金策に励んでいたが…。
引用元:コミックシーモア
2000/11/02
HUNTER×HUNTER 第10巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 10

【第10巻あらすじ】
最低落札希望価格89億ジェニー!! 伝説のハンター専用ゲーム「グリードアイランド」の落札資金稼ぎは残り3日! 高額な懸賞金のかかった旅団の情報を集めつつ、凝による掘り出し物探しをするゴンらだが…!?
引用元:コミックシーモア
2001/03/02
HUNTER×HUNTER 第11巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 11

【第11巻あらすじ】
出口がないなら作るまで!! 壁をぶち破り旅団のアジトから脱出したゴンとキルア。一方クラピカは、十老頭が雇った暗殺チームに加わり旅団を追う事に。だがついに団長自らが動き始め、復讐劇の幕が上がった!!
引用元:コミックシーモア
2001/07/04
HUNTER×HUNTER 第12巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 12

【第12巻あらすじ】
死体は偽物! ヒソカの密告で旅団の生存を知ったゴンら。さらなる復讐にかられるクラピカだが、その身は旅団にとっても復讐の的。互いの想いが交錯する中、クラピカを、そして旅団をも止めたいゴンは…!?
引用元:コミックシーモア
2001/11/02
HUNTER×HUNTER 第13巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 13

【第13巻あらすじ】
頭を取ってもクモは死なない…。ついに団長を捕えたクラピカだが、旅団はいつでも頭を切り捨てられる集団であることを悟る。だが、ゴンとキルアを救うため、団長の人質としての価値に賭けることにするが!?
引用元:コミックシーモア
2002/04/04
HUNTER×HUNTER 第14巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 14

【第14巻あらすじ】
ゲームを楽しめ! ジンのメッセージを受け取り、いよいよG・I(グリード・アイランド)をスタートさせたゴン。なにもかもが未知数の中、とにかく前へ進むことにしたゴンらは他プレイヤーに遭遇。謎の呪文でキルアが攻撃され…!?
引用元:コミックシーモア
2002/10/04
HUNTER×HUNTER 第15巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 15

【第15巻あらすじ】
魔法都市・マサドラ到着!! 呪文カードを買い、ゲーム本格始動!…と思いきや、ビスケの修行はまだまだ始まったばかり。基礎を磨き順序よく「念」を鍛えるゴンらだったが、G・I(グリード・アイランド)内では異変が起こり始めて!?
引用元:コミックシーモア
2003/02/04
HUNTER×HUNTER 第16巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 16

【第16巻あらすじ】
全51種・61枚のカードをゲット! G・I(グリード・アイランド)になれてきたゴンらは、順調にカードを入手しクリアへ向けゲームを進めていた。だが一方、コンプリート目前のゲンスルー組とツェズゲラ組が緊迫の交渉を開始し…!?
引用元:コミックシーモア
2003/06/04
HUNTER×HUNTER 第17巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 17

【第17巻あらすじ】
最初はグー! ジャン!! ケン!!! グー!!! 「一坪の海岸線」ゲットのためのドッジボール対決は、終盤戦に突入。力の差を見せつけ、容赦ない攻撃を繰り出すレイザーに対し、ゴンの怒りの必殺技が炸裂する!!
引用元:コミックシーモア
2003/10/03
HUNTER×HUNTER 第18巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 18

【第18巻あらすじ】
いよいよ作戦決行!! 圧倒的な力の差を埋める秘策を胸に「爆弾魔」と対するゴン。だが優位に立つゲンスルーは、その能力を使おうともしない。どうしても一泡ふかせたいゴンは、無謀な考えを思いつくが…!?
引用元:コミックシーモア
2004/02/04
HUNTER×HUNTER 第19巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 19

【第19巻あらすじ】
一日50体の人間を…!! 王を産む準備に入り、より多くの餌を欲するキメラアントの女王。そのあまりに危険な隔離指定生物の存在を予感したカイトは、ゴン達を連れ謎多きエコ団体、NGL自治国へ赴いたが!?
引用元:コミックシーモア
2004/06/04
HUNTER×HUNTER 第20巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 20

【第20巻あらすじ】
ナックルとシュートを倒し割符を奪う…!! 期限は1か月!! それがネテロ会長が出したNGLへ戻る条件。ゴンとキルアはビスケの下、さっそく猛特訓を開始した。一方、NGLでは討伐部隊が動き始めたが!?
引用元:コミックシーモア
2005/02/04
HUNTER×HUNTER 第21巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 21

【第21巻あらすじ】
待ってて、カイト…。割符をめぐりゴン達が戦いを続ける中、NGLでは早くも王が誕生。あまりに残忍で非道なる王、そして統率の取れなくなったキメラ=アント達、混乱するNGLにゴン達は向かえるのか!?
引用元:コミックシーモア
2005/07/04
HUNTER×HUNTER 第22巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 22

【第22巻あらすじ】
拡大するキメラ=アントの脅威!! 自らが王となるべく、世界を襲い始めた異形のアリたち。流星街に巣くった自称“女王”討伐に幻影旅団が動く一方、ゴンはカイトを取り戻すため、東ゴルトーに潜入したが…!?
引用元:コミックシーモア
2006/03/03
HUNTER×HUNTER 第23巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 23

【第23巻あらすじ】
東ゴルトーに潜入し、王討伐に動き出したハンター達! 潜伏するゴンとは別行動を取るキルアは、敵に見つかり、絶え間なく刺客に襲撃され続ける。完全監視の中、手の内は見せられない…。勝機はあるのか!?
引用元:コミックシーモア
2007/10/04
HUNTER×HUNTER 第24巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 24

【第24巻あらすじ】
宮殿内で王に異変!? コムギとの軍儀の対戦中、軍儀への覚悟のなさから、王は自らの身体を傷つける。一方この機にノヴは宮殿内部へ「入り口」を作りに潜入!! 王とゴン達、互いの準備が進む中、選別の時が迫る!!
引用元:コミックシーモア
2008/03/04
HUNTER×HUNTER 第25巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 25

【第25巻あらすじ】
ついに宮殿内に突入!! 中央大階段の脇から飛び出したゴン達!! そして空からやってくる会長。一方ユピーは、ゴン達が予期しなかった階段にいた。対峙するゴン達一行。壮絶な死闘の幕が上がる中、王は…。
引用元:コミックシーモア
2008/10/03
HUNTER×HUNTER 第26巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 26

【第26巻あらすじ】
宮殿内でハンター達とキメラ=アントが交戦開始!! だがユピーと戦うシュートは苦戦していた。限界に近づくシュートを前に、何も出来ないナックルは…。一方、ゴンとキルアは、ピトーとついに対峙するが…!!
引用元:コミックシーモア
2009/12/25
HUNTER×HUNTER 第27巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 27

【第27巻あらすじ】
ユピーに追いつめられ、窮地に立たされたナックルだが、キルアの落雷によって間一髪で救われる! 秘策を打ち出すべく、ナックルは再び戦いに挑みにいく。一方、コムギの回復を待つゴンのもとに現れたのは…!?
引用元:コミックシーモア
2011/07/04
HUNTER×HUNTER 第28巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 28

【第28巻あらすじ】
混戦極まるキメラ=アントVS人間。宮殿から離れた地で、ネテロと王は熾烈な戦いを。そして意外な結末が!? 一方、キルアは、ゴンが安否を気にしていたパームと再会。だがパームの行動に不可解な点を感じて…。
引用元:コミックシーモア
2011/08/04
HUNTER×HUNTER 第29巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 29

【第29巻あらすじ】
ユピーとプフの力により、王が復活。だが王は一時的に記憶が混濁していた。このチャンスに邪魔なコムギ抹殺を狙うプフ。それを守るハンター達!! 一方カイトの下へ向かったゴンは、ピトーの告白に衝撃を受け…。
引用元:コミックシーモア
2012/04/04
HUNTER×HUNTER 第30巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 30

【第30巻あらすじ】
失われた王の記憶を巡り、進められる王とプフの勝負。王は“円”に反応したウェルフィンの下へ。そして追い詰められたウェルフィンの一言が、王の記憶を呼び覚ます。一方パームが語る、王に使った爆弾の正体とは!?
引用元:コミックシーモア
2012/12/04
HUNTER×HUNTER 第31巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 31

【第31巻あらすじ】
ネテロが託した次期会長選挙が始まった。副会長・パリストンの攪乱で荒れる選挙戦。一方、重体のゴンを救いたいキルアは、幽閉されている家族・アルカの力を借りるために実家へ戻る。そのアルカの能力とは!?
引用元:コミックシーモア
2012/12/28
HUNTER×HUNTER 第32巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 32

【第32巻あらすじ】
ハンター協会会長選の候補者が4名に絞られた。副会長のパリストン、ミザイストムとチードル、レオリオ…陰謀×野望渦巻く中、会長になるのは!? 一方、キルアとアルカは重体のゴンの下へ。ゴン復活なるか!?
引用元:コミックシーモア
2016/06/03
HUNTER×HUNTER 第33巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 33

【第33巻あらすじ】
ビヨンドの“狩”の依頼や亡きネテロからの指令に揺れるハンター協会。そしてビヨンドに付き暗躍するパリストンの下へはジンが現れ…。一方、十二支ん欠員にはレオリオとクラピカが!? それぞれの思惑が絡み合い…。
引用元:コミックシーモア
2017/06/26
HUNTER×HUNTER 第34巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 34

【第34巻あらすじ】
天空闘技場でヒソカとクロロの死闘開始!! 新能力を披露しつつヒソカを追い詰めるクロロ。極限の闘いで勝つのは!? そして、ついに暗黒大陸へ出航したクラピカとカキン王国王子達。だが早速不可解な死が…。
引用元:コミックシーモア
2018/02/02
HUNTER×HUNTER 第35巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 35

【第35巻あらすじ】
船内で念獣が動き出しクラピカ達を襲う。警護の大部分を失う中、3人の王子から連絡が。一体どの王子との接触が王子(ワブル)の生存への道なのか!? そして各王子の計略が入り乱れる中、ついに王子の中から犠牲が!?
引用元:コミックシーモア
2018/10/04
HUNTER×HUNTER 第36巻


HUNTER×HUNTER モノクロ版 36

【第36巻あらすじ】
クラピカ主催の念の講習中に参加者の一人が殺害された。講習を続行しつつ、暗殺者を探すクラピカ。一方、第2王子(カミーラ)は第1王子(ベンジャミン)の殺害に向かい、第13王子(マラヤーム)の部屋では異変が。不可解な事件が続く中、旅団(クモ)が動き出し!?
引用元:コミックシーモア
現在はここまで

以上、HUNTER×HUNTERの全36巻の表紙でした。

【漫画】ハンター×ハンターの感想

良い口コミ

複雑だけど飽きない

 

メインの4人(ゴン、キルア、クラピカ、レオリオ)それぞれのストーリーがあり話が複雑すぎて思考がおいつかない。4人がだんだん強くなっていくの普通だけど最強ではなく必ずさらに強いキャラクターが存在しこれまでの漫画とは少し違う感覚で面白い。複雑すぎて困惑したのは会長選挙編でキャラクターが考えるシナリオはいつも読者が想像もできない思考で全く先が読めない。格闘漫画としてもキメラアント編が最終的に科学の力で終わるという斬新な話が面白い。

良い口コミ

最高のエンターテイメント

 

連載からすでに20年!ちょうど社会人になったころ夢中で読んでいた記憶がある!もちろん今でも読んでいるのだがまずストーリーが非常によくできていて登場するキャラクターも魅力的な人物ばかり!!少年漫画としては完ぺきな部類だと思う!ただ休載が多いのがたまに傷くらいであとは完ぺきといっていいほどの出来栄えだ!ある程度年を取ってから読んでみると昔読んだ時にはきずかなかった新しい発見がありまた読み返してしまう中毒性がある!おすすめの作品だ!!

良い口コミ

熱くなるほど面白い!

 

普段漫画を読まないうちの母が読み始めたらハマって買い揃えました。初期のハンター試験も面白いですが、次第に様々な念能力者が現れ次々と戦いが繰り広げていきます。念能力の種類はいろいろあって、それぞれの能力を用いての戦闘にハラハラが止まりません。「自分だったらどんなタイプでどんな能力なんだろう?」とつい考えて友達の間でも盛り上がってしまうほど。また、キャラクターがどれも濃くて魅力的で、セクシーでかっこいい人物が多いです!ヒソカが特にいいキャラしてます。

良い口コミ

史上初白紙のページがある漫画

 

かつてレベルEなどの少年誌では最も優秀なホラータイトルでならした富樫先生の描く冒険活劇、魅力的なキャラクターと新しい技の概念が紡ぎ出すストーリーの分厚さに思わず夢中になってしまうこと。請け合いですが最大の見所は他の少年コミックでは絶対に見ることのできない史上初の白紙ページの存在です。作者もアイデアが出ない時期が余程厳しかったのかなんと何も書いていないページというのが至るところに見受けられ、普段どおりのつもりで漫画を読んでいると面食らうこと請け合いです。確実にびっくりします、ご一読あれ。

良い口コミ

この漫画しか読んでない

 

私は基本的に本も漫画も読まないのですが、ハンターハンターだけは読んでいます。なんたって1巻がめちゃめちゃ面白い。1巻でかなり引き込まれてどんどん読み進めていったのですが、ストーリーの中でもグリードアイランドというゲームの世界の話が大好きです。ゲームの世界ならではのカードを使った対決がかなり面白いです。ただ、カードの種類が多すぎてストーリーについていくのに必死になります。また、敵である幻影旅団のヒソカと力を合わせて戦うところもとても好きです。

良い口コミ

少し過激なところがあるけど、バトルシーンがカッコいい作品

 

少年漫画のように熱いバトルシーンと、青年漫画のように少しグロテスクなシーンが上手くマッチしている作品だと思います。登場人物はそれぞれ念という自分の能力を駆使するのですが、念が弱いキャラでも頭脳の良さを駆使して強い相手に勝つところが良かったです。そして主人公のゴンは純粋でちょっとおバカなところもあるけれど、実は潜在能力的には最強クラスを誇っているというギャップがあってカッコいいです。この漫画の中にはいろんな物語がありますが、個人的にはキメラアント編が一番面白く感じました。

良い口コミ

大好きな漫画です

 

ストーリーの構成はさることながら、キャラクターの感情の動きなどが特に好きで、共感してしまいます。キルアとゴンの、真っ直ぐな友情だけでなく、そこから生まれる理解しあえない複雑な心境や、曲がった家族愛なども描かれていて、ただ真っ直ぐなストーリーではないところが魅力でもあります。ストーリー内のゲームの構成なども細かく設定されており、何度見ても新たな発見があります。まだストーリーは完結していませんが、完結してほしくないほど大好きな作品です。

良い口コミ

親父探し

 

主人公のゴンが父親のジンを探す話です。くじら島で生まれたときから会ったことがない父親を探すために島を出ます。手がかりが少ないので父親と同じハンターという仕事に就きます。ハンターはハンター試験に受からないとなれないので受かるために修行をし、クラピカ、レオリオ、キルアと仲良くなり合格し、その後も助け合いながら様々な試練に挑みます。主に能力バトルや頭脳バトルで敵を倒し、仲間と成長しながらが見ててとても楽しいです。

良い口コミ

緻密な設定と話の作り方

 

冨樫さんの漫画作りは昔からすごいと思っていましたが、HUNTERHUNTERには如実にそれが現れています。グリードアイランド編のカードで実際に遊べるように1枚1枚きちんと考えられていると知った時は鳥肌が経ちました。最強と言われるハンターをあっさり殺してしまったり、無慈悲なところもとても好きです。個人的にはキルアがゴンと出会うことによって殺し屋ですがどんどん人間らしくなっていくところが好きです。キメラアント編は涙無しには読めないので、是非全人類に見てほしいです。

良い口コミ

登場人物全員が頭が良い能力バトル漫画

 

ハンターハンターといえば「連載休止」を連想される方も多いかもしれません。しかし、私の好きな漫画ベスト5には必ず入る作品です。というのも登場人物全員が、しっかりと考えて戦っているんですよね。そのライブ感、緊張感がしっかりと伝わってくる作品になっています。かつ、能力の設定がしっかり練られているので、戦いの決着に至る経過の納得感がすごいです。また自分だったらこういう能力が良い、というのもついつい考えてしまいます。小学生の頃には、自分はどういう系統の能力者なのか考えて妄想したりしていました。笑 冒頭述べたとおり連載休止が多いので続きが気になり過ぎる点はありますね。

良い口コミ

GI(グリードアイランド)編

 

ゴンの父親のジンが仲間達と一緒に作った現実とリンクしているゲーム、グリードアイランド。例えばゲーム内で死亡すれば現実でも死んでしまうように、リアルな攻略ゲームになっていて、中でもカードと呼ばれているアイテムが非常に良く作り込まれている。私たちが生きる現実世界でも、ふと思う事があるような魅力的なカードが沢山、リスキーダイス、金粉少女、超一流ミュージシャンの卵、などはこのリモート化の中では大変に魅力を感じるカードになっている。展開も作り込まれているのでこのシリーズから読み始めても、違和感なく作品に入り込んでいけると思います。

良い口コミ

新刊でたら絶対買ってる

 

ジャンプに連載していたことがきっかけで読むようになったのですが、内容がとても面白く新刊が出るたびに購入しては読んでいます。話は少年の冒険譚といったようなところなのですが、その中で新たに関わる仲間や友達などとの友情なども垣間見ることができて感情移入がしやすいです。ですが、結構グロいシーンが多めなのでそういう系が苦手な人は注意が必要かもしれません。戦闘シーンは能力系バトル形式でとてもかっこいいし見応えがあります。それぞれのキャラクターにも使命や背景があり、場面ごとに対象が変わっていくので見ていて飽きが来ません。ただ一つ致命的なのが、作者がたびたび休載するのでなかなか話が前に進まないことです。ですが総合的に見てとても面白い漫画だと思います。絶対的にオススメです。

良い口コミ

とにかく面白いです!

 

HUNTER×HUNTERはとにかく面白いです。1話見ると、どんどん続きが気になって時間を忘れて見てしまいます。先の読めないストーリー、敵、味方含め、個性的なキャラクターなど、とても魅力的な作品だと思います。複雑なバトルなどあり、しっかり読んだり、集中して見ないと付いていけなくなります。それでも、所々に笑いもあって、子どもから大人まで幅広く見れる作品だと思います。1回見終わっても、再度見直したときに新しい発見などある点も魅力の1つです。

良い口コミ

いつもと違う服

 

個人的には、ヨークシンシティ編が大好きです。中でも、フェイタンがフィンクスと共に競売見物に訪れるところがたまりません。いつもは全身黒づくめで表情さえもあまり窺い知ることができないのに、それが口元までしっかり拝見できるのが嬉しくて仕方なかったです。また、タキシードも様になっていて好きの要素がそこかしこに溢れまくっていました。そして、フィンクスとの身長差が更なる好き要素及び萌え要素を発動していたのが良かったです。

良い口コミ

個性豊かなキャラクターたちが多い

 

キャラクターは物語の上でかなり重要ですが、ハンターハンターは変わる章によって登場するキャラクターがとにかく魅力的です。私が特に好きなのが幻影旅団です。子供の主人公にたいして、大人の集まりという対照的な存在で、悪のカリスマ的なところが特に好きです。さらに個性豊かすぎるキャラクターたちがひとつに集まり、共に行動している団結力も魅力です。あと一人一人のキャラが濃いです。物語当初から異質だったヒソカが居ても浮かないくらいです。個人の過去などの掘り下げなどしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です