マムートのキャップを洗濯してみた!汗じみを綺麗にしたい!

帽子

こんにちは!@ラテ子です!

今日は登山で使っているキャップを

洗濯していきたいと思います!

帽子

実は最近気になってたんですよね〜

だいぶ汚れちゃって…。

マムートの『Lhasa Cap』というキャップです。

コットンキャンバス地で、
日常的に被れるような
スポーツ色の薄さが気に入っています。

でもこういうキャンバス地のキャップって、
お家でどう洗えばいいか迷いませんか?

帽子

汗じみと、泥汚れなのか土汚れなのか

ナゾの汚れ。いつついたの〜

帽子

あんまり見えないけど、
ツバのところに綺麗に汗じみが…

そもそもお家で洗えるの?

キャップのタグは切ってしまってたので
マムートの公式で調べてみたら以下の洗濯表示が。

帽子

調べてみたところ、

  • 家庭洗濯で液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
  • 漂白剤使用禁止
  • タンブル乾燥禁止(洗濯物を回転させながら温風で乾燥させる方法)
  • 底面温度110℃を限度として、スチームなしでアイロン仕上げ処理ができる
  • クリーニング禁止

よーし分かった!やってみよう

洗濯開始!

STEP.1
洗剤液を作る

帽子

給湯器の設定温度が40℃なので
蛇口からお湯を出して、アタックを
とりあえず2プッシュ!

STEP.2
キャップを洗剤液に浸す

帽子

綺麗になることを
願いながら洗剤液に浸す。

少し勇気が入りました…。

STEP.3
洗剤を上塗り

帽子

重点的に洗濯したい部分には
直接洗剤を塗り込んでみる。

この部分が汗じみひどいんですよね〜

擦ったり浸したりしながら30分。

STEP.4
洗剤液を洗い流す

帽子

綺麗になったかな?

帽子

見た感じ、ほぼ分かりませんが
少しだけ汗じみの跡が残ってました。

放置してしまったのでこれ以上は落ちなそう。

それでもスッキリしました〜!

STEP.5
干す

帽子

本当は型崩れを防ぐために
ザルに入れて乾かしたりした方が
良いらしいですが、そこまでは気にしません。

STEP.6
洗濯完了

帽子

乾いた〜!

4〜5時間くらいで乾きました。

気合い入れてアイロンまでしましたが
頻繁に洗うことを考えれば
かけなくても良かったような…

最後に

帽子

よーく見ると汗じみは残ってますが
ほぼ分からないくらいになった!

土汚れみたいなのも無くなってスッキリです。

今までなんとなく帽子を洗うのって
大丈夫なの?」と思うところがあり
気になりつつも放置してしまっていました。

これでいつでもピカピカ!

勇気を出して洗ってみて良かったー!

同じような方に少しでも
参考になったら嬉しいです。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です