【画像】ヒカルの碁の表紙を並べてみた!第1巻から第23巻まで【漫画】

ヒカルの碁 表紙

ヒカルの碁は何巻まで出ましたか?
全23巻で完結しました!
原作者 ほったゆみ・小畑健
連載雑誌 週刊少年ジャンプ
連載期間 1999年2号〜2003年33号
総巻数・話数 全23巻・全189話
累計発行部数 2500万部以上
ヒカルの碁 完全版 表紙【画像】ヒカルの碁の完全版の表紙を並べてみた!第1巻から第20巻まで【漫画】

ヒカルの碁の表紙を並べてみた!

※以下、漫画 第1巻〜第23巻まで。

1999年4月30日に第1巻が発売!

1999/04/30
ヒカルの碁 第1巻
「棋聖降臨」


ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第1巻あらすじ】
ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。
引用元:コミックシーモア
1999/08/04
ヒカルの碁 第2巻
「初陣」


ヒカルの碁 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第2巻あらすじ】
葉瀬中の創立祭で、将棋部の加賀に実力を買われたヒカルは、団体戦のメンバーとして中学囲碁大会に出場することに…。佐為や塔矢アキラの対局に触発されたヒカルは、自らの意思で囲碁を打ちたいと言いだすのだが!?
引用元:コミックシーモア
1999/10/04
ヒカルの碁 第3巻
「前哨戦」


ヒカルの碁 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第3巻あらすじ】
名門・海王中囲碁部に入部した塔矢アキラは、その圧倒的強さゆえに、部内に波紋を投げかける。一方ヒカルは、大会の団体戦に必要な3人目のメンバー探しに奔走。そして遂に囲碁の打てる生徒の存在を知るのだが…!?
引用元:コミックシーモア
1999/12/02
ヒカルの碁 第4巻
「神の幻影」


ヒカルの碁 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第4巻あらすじ】
アキラの執念が遂に実り、ヒカルとの3度目の対局を迎える。一回戦、自分の実力だけで辛くも勝ち進んだヒカルだが、アキラとの一戦は佐為に託すことに…。しかし対局途中、見守っていたヒカルが、ある一手を閃き!?
引用元:コミックシーモア
2000/02/02
ヒカルの碁 第5巻
「始動」


ヒカルの碁 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第5巻あらすじ】
プロ棋士へ着々と近づいてゆくアキラ。そしてヒカルは彼との実力の差をはっきりと思い知る。一歩ずつアキラに追いつくため、院生試験を受ける決意をするヒカル。しかし院生は、中学の大会には出場できないと知り!?
引用元:コミックシーモア
2000/04/04
ヒカルの碁 第6巻
「院生試験」


ヒカルの碁 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第6巻あらすじ】
アキラに追いつくための第一歩である院生試験が始まった。緊張と焦りがヒカルを苦しめるが、果たして結果は!? そして追われる側のアキラも、プロとしての第一歩である王座との対局に臨む!! 巻末には特別編を収録!!
引用元:コミックシーモア
2000/06/02
ヒカルの碁 第7巻
「若獅子戦」


ヒカルの碁 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第7巻あらすじ】
3か月後に行われる院生VS.若手プロの若獅子戦。アキラがプロ側で出るそのトーナメント戦に、何としても出場し5度目の対局を望むヒカル。しかし院生で出場できるのは、1組の上位16名。未だに2組のヒカルは果たして!?
引用元:コミックシーモア
2000/08/09
ヒカルの碁 第8巻
「プロ試験予選4日目 そして―」


ヒカルの碁 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第8巻あらすじ】
ヒカルが、ついにプロ試験予選の舞台に立つ。院生の仲間がライバルとなり、さらに外来も参戦するこの予選で、ヒカルが思わぬ弱点を露呈し苦戦を強いられ…!? 佐為の久々の対局、トップ棋士達の熱いタイトル戦も収録!!
引用元:コミックシーモア
2000/10/04
ヒカルの碁 第9巻
「本戦開始」


ヒカルの碁 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第9巻あらすじ】
大人対策として街の碁会所に通うヒカルは、和谷、伊角も初めて入るという碁会所で、韓国の研究生・洪と対局することに。双方のプライドをかけた勝負の行方は…!? そしてプロ試験本戦で、ヒカルの特訓の成果が!!
引用元:コミックシーモア
2000/12/04
ヒカルの碁 第10巻
「起死回生」


ヒカルの碁 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第10巻あらすじ】
プロ試験本戦で1敗のヒカルと全勝の伊角が遂に激突。プロになるために避けて通れぬこの一局は、思わぬ決着に…!? 一方、越智の指導碁を引き受けたアキラは、後に控える対ヒカル戦攻略のカギを越智に教え込むが…!?
引用元:コミックシーモア
2001/03/02
ヒカルの碁 第11巻
「激戦」


ヒカルの碁 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第11巻あらすじ】
プロ試験本戦は終盤に突入し、一戦が合否を左右する緊迫した対局が続く。よきライバルである和谷との対局、またアキラからヒカル戦対策の指導を受けた越智との対局の行方は!? そして遂にプロ試験の合否に決着が!!
引用元:コミックシーモア
2001/05/01
ヒカルの碁 第12巻
「新初段シリーズ」


ヒカルの碁 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第12巻あらすじ】
遂にヒカルが、歴戦の猛者達がひしめくプロの道を歩みだした。最初の舞台は、デビュー前の新人とトップ棋士とが対局する新初段シリーズ。アキラの父・塔矢行洋名人が、その対局相手にヒカルを指名してくるが……!?
引用元:コミックシーモア
2001/08/03
ヒカルの碁 第13巻
「プロ第一戦」


ヒカルの碁 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第13巻あらすじ】
プロデビューを果たしたヒカルのプロ第一戦目の相手がアキラに決定。二人とも待ちに待った対局であったが、事態は思わぬ展開に…!? さらに佐為の宿願であったアキラの父・塔矢行洋名人との対局が、ネット碁で実現!!
引用元:コミックシーモア
2001/10/04
ヒカルの碁 第14巻
「sai vs toya koyo」


ヒカルの碁 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第14巻あらすじ】
碁を極めんとする者同士、佐為と塔矢名人によるネット碁がいよいよ決着の時を迎える。神の一手に近づいたのは、果たしてどちらの天才棋士か!? ヒカルと倉田六段が同色の碁石を使って対局する白熱の一色碁も収録!!
引用元:コミックシーモア
2001/12/24
ヒカルの碁 第15巻
「さよなら」


ヒカルの碁 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第15巻あらすじ】
プロ棋士としてさらなる高みを目指し、その未知なる可能性をうかがわせるヒカル。しかしその一方で、ヒカルを囲碁の世界へと導いた佐為に、抗うことのできない運命が待ち受けていた。その瞬間は、突然やってきて…!?
引用元:コミックシーモア
2002/03/04
ヒカルの碁 第16巻
「中国棋院」


ヒカルの碁 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第16巻あらすじ】
前回のプロ試験で合格を逃した伊角が、親善試合のため中国へ。彼はその地で、中国棋院の猛者達を相手に修行を開始する。一方、佐為が消えてから囲碁を避けていたヒカルが、帰国した伊角の願いで久々の対局に臨み…!?
引用元:コミックシーモア
2002/06/04
ヒカルの碁 第17巻
「なつかしい笑顔」


ヒカルの碁 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第17巻あらすじ】
佐為が消え、自分の力だけを頼りに棋士の高みへと歩き出したヒカル。一方、その傑出した強さで、歴戦の棋士達を脅かす存在となったアキラ。日本囲碁界の新時代を背負うであろうその二人が、遂に真の初対局を迎える!!
引用元:コミックシーモア
2002/08/02
ヒカルの碁 第18巻
「番外編」


ヒカルの碁 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第18巻あらすじ】
キャラ読切シリーズ6本を一挙に収録した番外編登場。塔矢アキラ・加賀鉄男・奈瀬明日美・三谷祐輝・倉田厚・藤原佐為という、本編を盛り立てる6人の魅力が一段と輝くストーリー満載。お馴染みのキャラの、意外な一面も!?
引用元:コミックシーモア
2002/10/04
ヒカルの碁 第19巻
「最強初段」


ヒカルの碁 19 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第19巻あらすじ】
一人の棋士として一歩一歩、着実に歩を進めるヒカルは、以前対局したことのある御器曽七段、門脇と再び対局の時を迎える。碁を打つ度に自らの成長を実感するヒカルは、神の一手に近づくため、盤上に全ての力を注ぐ!!
引用元:コミックシーモア
2003/01/06
ヒカルの碁 第20巻
「社 vs ヒカル」


ヒカルの碁 20 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第20巻あらすじ】
日中韓Jr.団体戦“北斗杯”の日本代表メンバー選抜戦が開始。関西棋院の新鋭・社とヒカルの一戦は、2人の意地が激しくぶつかり合い…!? さらに公式戦で初めて、ヒカルが師匠の森下九段と、アキラが緒方十段と対局する!!
引用元:コミックシーモア
2003/04/04
ヒカルの碁 第21巻
「北斗杯会場へ」


ヒカルの碁 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第21巻あらすじ】
北斗杯の日本代表選手枠は3名。選抜戦免除で決定したアキラを除く2つの席は、ヒカルVS社・越智VS和谷の勝者2名で決まる。しかし選抜戦は意外な展開に……!? 中国・韓国代表も出揃い、各国とも臨戦態勢モードに突入!!
引用元:コミックシーモア
2003/06/04
ヒカルの碁 第22巻
「打倒高永夏」


ヒカルの碁 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第22巻あらすじ】
北斗杯レセプションで高永夏が放った「本因坊秀策など敵じゃない」との発言にヒカルが激怒。副将のヒカルは韓国代表の大将である彼との対戦を切望する。日本代表の団長・倉田は初戦の中国戦を見て決めると言うが…!?
引用元:コミックシーモア
2003/09/04
ヒカルの碁 第23巻
「あなたに呼びかけている」


ヒカルの碁 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【第23巻あらすじ】
韓国戦で大将を任されたヒカルは、韓国の大将・高永夏と激突。アキラ、社も闘志を剥き出しにした打ち回しをみせる。緊迫の日韓戦の行方は!? 若き猛勇の棋士達が、意地と才能をぶつけ合う怒濤の「北斗杯編」、ここに完結!!
引用元:コミックシーモア
完結

以上、ヒカルの碁の全23巻の表紙でした。

本当に連載、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。